• ホーム
  • 内臓脂肪型隠れ肥満、通称リンゴ型肥満に対する肥満治療

内臓脂肪型隠れ肥満、通称リンゴ型肥満に対する肥満治療

ダイエットをしたい女性

肥満には内臓脂肪型と皮下脂肪型があり、内蔵肥満型は隠れ肥満と呼ばれています。
体形的特長が上半身、特に腹回りに集中して見られるところからリンゴ型肥満とも呼ばれています。
遺伝的素因による場合が多いとされ、日本人の34%強がこの遺伝子を持っていると見られています。
子供の頃から、顔や身体がふくよかでぽっちゃりした体系であれば、隠れ肥満、つまりリンゴ型肥満と見て差し支えありません。
内臓の周りに脂肪が蓄積するリンゴ型肥満は、メタボリックシンドロームとして知られており、様々な生活習慣病を引き起こす可能性を持っています。
生活習慣病を予防する意味で肥満治療を施す必要があります。

予防法としては、規則正しくバランスの取れた食事、適度な運動、禁煙、節酒、禁酒等を挙げることができます。
一人では無理な場合の受診科目としては、内科、循環器科、糖尿病、内分泌内科が該当します。
リンゴ型肥満の傾向は、楽天的な性格であり肥満治療が持続しにくいことです。

次に概して楽天的であるが故に事の重要性の認識が甘く肥満治療の持続性に欠ける事です。
又、内蔵型隠れ肥満は元来基礎代謝量が低いのですが、にも関わらず炭水化物を好む為より太る要素を所持しています。
従って持続性があり、炭水化物の摂取を満足させる食事法の工夫が必要になります。

ゆっくり時間をかけ、野菜・海藻・スープに次いで肉・魚等の良質蛋白の摂取します。
これ満腹中枢に十分に信号が届いた頃に、炭水化物を摂取すればある程度満腹感を得ている為摂取量を抑えることが可能です。

その他腹筋を鍛え引き締めたり、セルライト対策を施す事によりより効果的に肥満治療の効果を挙げる事できます。
理想的な摂食バランスである25:25:50=蛋白質:脂質:炭水化物を守って肥満治療に臨みましょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧